HOME >  中絶手術前に知っておきたいこと >  妊娠中絶薬のリスク

妊娠中絶薬のリスク

海外では薬を飲んで中絶することもあります。
費用が安く、クリニックで手術を受ける必要がないため、日本でも薬を使った中絶を考える人はいるようですが、これは大変危険なこと。副作用やリスクがあるだけでなく、法に触れてしまう可能性もあるのです。
薬を服用しておこなう中絶について、効果やリスクなどをまとめました。

中絶薬とは

中絶薬とは 妊娠後49日以内に経口摂取することで、流産させる効果がある薬(ミフェプリストン)です。
1980年代にフランスにて開発された薬で、別名「RU486」とも呼ばれることもあります。

薬による中絶のリスクとはこの薬を妊娠の初期段階に経口摂取すると、黄体ホルモンが抑制されるという作用があります。この黄体ホルモンは、妊娠状態を維持するために重要な働きをします。それを薬によって抑制することで、妊娠を終了させるという仕組みです。

ミフェプリストンという成分と一緒に、子宮収縮剤も服用することが多いとされています。妊娠の維持を困難にする薬と子宮を収縮させる薬で、自然流産に近いかたちで中絶することになります。

この中絶薬は、92~95%ほどの確率で効果があらわれるそうですが、日本では使用が承認されていません。使用が認可されている海外においても、医師の管理下で正しく服用することが必要です。

国内で個人的に入手して使用することは違法行為にあたる場合があり、体への影響を考えても大変危険です。

※画像は実物ではなく、イメージです。

中絶薬による副作用のリスク

中絶薬の服用は、手術をするよりも費用がかからず、体への負担も抑えられるという説がありますが、実際はさまざまな危険性が考えられます。

中絶薬の副作用で病院に駆け込むケースまず、ミフェプリストンのおもな副作用としては、痙攣や出血などの症状が確認されています。出血は2週間ほど続くそうですが、重篤な場合は1ヶ月以上痙攣や出欠が続いたという報告も。症状がおさまらなければ専門医による治療や手術を受ける必要がありますが、それでも命を落としてしまう可能性もあるのだそうです。
そのほかにも、吐き気やだるさ、めまいなど様々な症状が引き起こされます。

また、中絶薬は日本では販売が認められていない未承認薬なのですが、ネット通販で気軽に購入する方もいるようです。
しかし、実際に届いた商品はミフェプリストンの偽物だったという事例も。

産婦人科医によると、偽造された薬を服用し、出血や細菌感染を起こして慌てて病院に来る人も増えているとのこと。また、ミフェプリストンの偽薬を服用したことで、細菌感染や出血を起こし慌てて治療に来る女性も増加しているとのこと。また、偽薬の服用により、将来的に不妊になる可能性があるそうです。

このように、中絶薬の使用には大きなリスクが伴います。違法に入手することも危険です。

安易な判断で個人的に利用すると、取り返しがつかなくなることもあるので、中絶の相談は必ずクリニックまで足を運び、信頼できる医師にするようにしましょう。

国内での中絶薬の違法性

アメリカやフランスでは使用が許可されている中絶薬ですが、日本では使用が認められていません。

そのため、国内では個人向けの販売はなく、基本的には入手できないのが現状です。
しかし、海外で中絶薬を購入して日本へ持ち帰る、また外国人が日本国内に持ち込むなど、非正規なルートで販売されているケースもあります。
また、海外のネットショップなどから、個人輸入という形で入手する女性もいるのだとか。

何気ないことのように思えますが、これらは違法行為なので、注意しなければいけません。

中絶薬の違法性について過去には、中絶薬を服用した人が罪に問われたケースもあります。インターネットで購入した「ミフェプリストン」を自宅で服用した女性の例です。

使用後、彼女は病院へ行き診療を受けたそうです。その際に、女性が中絶薬を服用していることを知った医者が事実を通報し、結果、女性は堕胎罪に問われることになり書類送検されました。

日本では、母体保護法指定医以外の人間が中絶の施術などをすると、堕胎罪という罪に問われます。それは、妊娠している本人が自分でおこなった場合でも例外ではありません。中絶薬の服用は、もちろんこの罪に含まれます。

国内では未承認の薬を個人的に使用することは、健康や安全性への不安だけでなく、法に触れる可能性もある行為。安易な判断で、個人的に中絶薬を購入・服用することはやめましょう。

止むを得なく中絶を考えている場合は、必ずクリニックで相談するようにしてください。

※ページ内の画像はイメージです。