HOME >  ピルと上手に付き合う方法 >  アフターピルとは

アフターピルとは

「アフターピル」とは避妊に失敗したときに使う緊急用ピルのことをいいます。

避妊失敗してしまってから72時間以内に服用する必要があり、性行為後なるべく早く服用した方が、避妊効果が高まります。アフターピルに対する知識がある婦人科クリニックで処方してもらいます。

アフターピルの避妊効果

アフターピルは、アフターピルは、人工的にホルモン値の乱れを起こすことで、子宮内膜を剥がして月経を引き起こし、受精卵の着床を防ぐというものです。望まない妊娠を防ぐために大量のホルモンを摂取するため、体に無理をかける上、避妊効果は万全ではありません。

どうしても避妊する必要のある場合に使う最後の手段なので、安易に何度も使用しないようにしましょう。

2種類のアフターピル

ヤツペ法という中用量ピルをアフターピルとして代用方法とノルレボ錠というアフターピルとして国に認可された薬を服用する方法があります。

ノルレボ錠とヤツペ法の大きな違いは、副作用の大きさです。ノルレボ錠は緊急避妊を目的とした専用の薬であるため、吐き気をはじめとした副作用が非常に少ないことが特徴です。

メリット・デメリット

アフターピルのメリットは、性交後、基本的に72時間以内に服用すれば避妊効果があり、望まない妊娠を防げること。

デメリットは非常に多量のホルモンを扱うため、吐き気などの副作用があること、避妊が100%確実というわけではなく効果が出ない場合もあることです。